アーユルヴェーダ・リゾート紹介

おすすめバワアーユルヴェーダ | セイロンティー | 団体旅行向け利用ホテル一覧
アーユルヴェーダリゾート紹介

アーユルヴェーダは、ホテルや街中にあるアーユルヴェーダを専門としたスパ施設などで体験することができます。アーユルヴェーダ施術は通常10日以上行う事が望ましいとされていますが、ここでは最短3日間から治療としてのアーユルヴェーダを体験できるアーユルヴェーダ・リゾート施設をご紹介します。

短期滞在の場合のリゾートでの一日

早朝鳥の鳴き声で目覚めたら、ホテル主催の1時間程度のヨガ。野菜中心の朝食を取ったら、医師による問診。問診の際、持病や気になる症状があれば事前に英語で調べておいてメモしておくと◎。

その後、施術室に案内され裸に(下着も脱ぎます。リゾートによっては紙の下着の用意がある場合もありますが基本全裸。気になる場合には油で汚れてもよい捨てる覚悟の下着を用意しておくと良いです。)。医師による指示書に合わせてセラピストによるオイルマッサージやハーバルバスなどの施術が行われます。「次何があるのだろうか...」と気になりますが、言われるがままに身をゆだねればOK。「それでは不安!」という方は、医師による問診の際に説明がない場合には、「どんな施術をやりますか?」と聞いておくとベターです。

施術は全部で代替2時間~2時間半程度。施術には茶色や緑色のハーバルオイルを使うので、施術後に着る汚れても良いお洋服や長いパレオなどをご用意ください(施術後に羽織るガウンなどが用意されているリゾートもあります)。※オイルの汚れは洗っても落ちないのでお気を付けください。

昼食後は基本的に自由行動です。プールサイドやお部屋でのんびり過ごされる方が多いので、文庫本など用意しておくと良いです。ホテル主催のお料理教室や近隣観光などのアクティビティーなどがある場合も。または事前に、半日観光などご希望の場合にはお知らせください。夕刻はリゾートによって瞑想やヨガのプログラムも。夕食をとったら後は寝るだけです。

日々の謙遜を離れてのんびり過ごすのがおすすめです。デジタルデトックスのためwifiアクセスなどを制限しているリゾートもあります。
よくある質問

アーユルヴェーダとは?
シロダーラを受けたいのですが
パンチャカルマをしてみたい
一般的な施術はどれですか

研修旅行の手配も可能です

スリランカ人アーユルヴェーダ医師パーリタ・セーラシンハ先生のアドバイスの元、研修旅行の手配も行っています。パーリタ先生同行のツアーアレンジも可能です。お問合せください。

お問合せ

ヤートラ・トラベルズ
日本駐在員事務所
東京都港区新橋5-27-6上村ビル201
Tel: 03 6430 6255
E-mail: japan@yathra.lk
アーユルヴェーダ専門リゾート


カルナカララ
http://www.karunakarala.com/
ネゴンボ近郊ワイッカルに位置するアーユルヴェーダ専門リゾート。日本語を話せるスタッフもいる他、お一人お一人の体調にあったお食事のアレンジメントも魅力です。東京・代官山に支店があるため、帰国後も施術を継続できるメリットも。空港から近く、短い日数でも無理なく滞在できるのも◎。


ジェットウィングアーユルヴェーダパヴィリオン
http://www.jetwinghotels.com/jetwingayurvedapavilions/
ネゴンボのリゾートエリアに位置するアーユルヴェーダリゾート。空港から一番近いビーチリゾートのネゴンボはカフェや雑貨店も充実しており、午前中は施術、午後はビーチまで散歩をしたりウィンドーショッピングをしたりと、しっかりアーユルヴェーダもしたいけどリゾーターというよりも街歩派におすすめしたいリゾートです。


アムナ
http://www.amunaayurvedaretreat.com/
シ―ギリヤの近郊にオープンした新しいアーユルヴェーダリゾートです。1週間からの滞在が望ましいですが、短期ステイもOK。スリランカらしい景色の広がる緑あふれる田舎町でのんびりリラックスできる環境です。世界遺産のシーギリヤロックなども近く、午前中は施術、午後は観光などのアレンジも。ヨガや瞑想にも力を入れています。


アーユピヤサ
文化三角地帯のダンブッラとキャンディーの丁度中間地点、マータレーに位置するアーユルヴェーダ・リゾートです。全8室の小さなリゾートで、きめ細やかなサービスを受ける事ができます。日本語を話せるスタッフも駐在しています。緑溢れる静かな敷地内で育てられた自家栽培のオーガニックの野菜やハーブを使ったアーユルヴェーダ食も魅力的です。車で2時間程の範囲内で、世界遺産シーギリヤロックやダンブッラの石窟寺院、キャンディーの仏歯寺などにアクセスできるロケーションですので、アーユルヴェーダと観光双方を楽しみたい方にもおすすめです。


ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ
南西海岸のリゾート地ベントータに位置するアーユルヴェーダ・リゾートです。宿泊施設は全64部屋、5名のアーユルヴェーダ医師が常駐し、4つのコンサルティングルーム、全24部屋のトリートメントルームを完備。大勢での研修等にも対応しています。スリランカ人建築家Geoffrey Bawa(ジェフリー・バワ)が手がけたNeputune Hotel(ネプチューン・ホテル)を改装した施設ですので、スパ向けのインテリアなどを学びたい方にもぴったりです。近隣にはジェフリー・バワの創った楽園Lunuganga(ルヌガンガ)庭園などもあり、美しい環境が広がります。


ツリー・オブ・ライフ・ネイチャー・リゾート
世界遺産の街聖地キャンディー郊外のアーユルヴェ―ダ・リゾートです。南西海岸の海沿いのリゾートとは違い、海風の影響を受ける事無く緑豊かな環境でアーユルヴェーダを受けることができます。全40部屋、ホテル常駐の医師が指導したセラピストによるトリートメントや、オーガニック農園で育てられた季節の野菜をふんだんに使ったお食事を楽しむことができます。キャンディー市内へも車で20分ほどですので観光も楽しめるロケーションです。日本のアロマメーカー『生活の木』の運営するホテルです。


シッダレーパ・アーユルヴェーダ・ヘルス・リゾート
カトゥナーヤカ空港から車で約2時間、コロンボの南約35キロのワッドゥワに位置するアーユルヴェーダ・リゾートです。敷地内には全50部屋のヴィラが並び、ビーチでもリラックスすることができます。5名の常駐のアーユルヴェダ医師の他、20名のセラピストがトリートメントを行ってくださいます。アーユルヴェーダ・リゾートには珍しく、敷地内ではアルコール飲料なども提供してくださるので、どうしてもお酒だけは我慢できない方にも丁度よいリゾートです(もちろん施術期間中は控えるよう医師より指示があります)。コロンボ市内にも出やすいロケーションです。


アナルバ
http://www.siddhaleparesort.com/anarvamountlavinia/
老舗製薬会社のシッダレーパ社が新たにオープンしたアーユルヴェーダリゾート。コロンボに近いマウントラヴィニアに立つシティーホテルスタイルのアーユルヴェーダリゾートになっています。近隣にはシッダレーパが運営する私立病院もあり、本格的な治療をしながらの滞在も◎。

スリランカ現地旅行会社/ランドオペレーター

ヤートラ・トラベルズ
Yathra Travels (Pvt.) Ltd.

SLITO正会員/JATA在外賛助会員

【コロンボ本社】
No. 572/10, 02nd Floor, Madiwela Road,
Thalawathugoda, Sri Lanka
Tel: +94 11 4378598 / Fax: +94 11 2773501
Web: www.yathra.lk

【日本駐在員事務所】
〒105-0004 東京都港区新橋5-27-6 上村ビル201
株式会社アイデアツアーズ内
東京都知事登録旅行業第3種ー6402号
海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員306号
Tel: 03 6430 6255
Email: japan@yathra.lk
■会社案内
ヤートラ・トラベルズ
チーム
ブラックプールホテル
スカイロフト
仏教TVチャンネル

■スリランカ
スリランカの魅力
基本情報
歴史
日本との関係
年間行事
ペラヘラ祭り
アクセス



■ツアー
オーダーメイド
コロンボオプションツアー
旅程アイデア
こだわりの旅
お客様の声

■ホテル
おすすめ
- ウラガッラ・バイ・ウガ
- ヘリタンスカンダラマ
- セイロンティートレイルズ
- 98エーカーズ
- ザ・フォートレス
- ケープウェリガマ
バワ
アーユルヴェーダ
団体旅行向け
利用ホテル一覧

■観光情報
観光マップ
- 目安移動時間
- 各地のアトラクション
アトラクション
- 仏教聖地巡礼
- 瞑想・マインドフルネス
- アーユルヴェーダとは
- 世界遺産
- バワ建築
- 国立公園と野生動物
- ダイビング
- ホエールウォッチング
- サイクリング
- 熱気球
- ゴルフ
- フォトウェディング


- セイロンティー・紅茶
- ヴィレッジサファリ
- アラック酒造見学
- バードウォッチング
- 象の孤児院
- コロンボマラソン
都市別情報
- 文化三角地帯
- 丘陵地帯
- 東部
- 北部
- 南西海岸
ビーチ情報
コロンボ情報
ジャフナ観光案内
ロングステイ
リンク集
■国内移動
国内移動
鉄道
エアタクシー
国内線

■ランド手配
ランド手配

■お問い合わせ
お問い合わせ
お申込みにあたって
国際送金のご案内
■よくあるご質問
よくあるご質問
ベストシーズン(気候
ベストシーズン(金額)
スリランカの食事
ETA取得方法
両替について