Western Province ―西部州—

スリランカ
基本情報
日本からのアクセス
旅行シーズン(気候)
旅行シーズン(金額)
見どころ
北部州
東部州
北中部州
中部州
ウバ州
サバラガムワ州
西部州
南部州
食事
祝祭日と祭り
コロンボ情報

Negombo ―ネゴンボ―


ラグーン、海、美しいビーチの景観、多言語コミュニティー。ネゴンボは、スリランカらしいエッセンスを体験できる場所です。飾り立てられた仏教寺院、ヒンズー寺院、キリスト協会、ムスリムモスクの数々は、大航海時代から続く国際的な調和を証言しています。スリランカの国際空港からたった20分。オランダの植民地時代に作られた運河や要塞が、スリランカにはじめて訪れる人々をお待ちしています。ネゴンボはかつて、シナモンを求めて当時セレンディブ島と呼ばれたスリランカに訪れたアラブ商人たちの集まる港として栄えました。交易場は3つのヨーロッパの国々による支配からも残り、政治的また交易的な苦難や試練にも順応してきました。そのような背景の中で、ネゴンボは文化、言語、宗教、そしてコミュニティーの「るつぼ」として発展しました。ネゴンボにはこのような文化の交差点に適応してきたカーストやコミュニティーの人々が暮らしています。

Muthurajawela ―ムトゥラジャウェラ―


ムトゥラジャウェラはコロンボとネゴンボの間にある、2,000ヘクタールに及ぶ湿地帯です。熱帯湿地特有の沼地には様々な動植物が生息している他、マングローブの森でも有名です。沼地の自然保護区やラグーンの自然環境をボートに乗って巡れる他、歩いて回るネイチャートレイルやバードウォッチングも楽しめます。スリランカの40%の脊椎動物がこの地で確認されています。マングローブの他、シダやスゲなどの植物も密集したエリアです。鳥類も多く生息しており、鵜、コウノトリ、ハチクイ、カワセミ、アオサギ、セイケイ、ササゴイ、ヨシゴイ、アカライチョウ、シロハラクイナなどがを見る事ができます。

Colombo ―コロンボ—


コロンボはスリランカで最大の都市です。また、コロンボは経済的、商業的な首都でもあり、全ての経済的なアクティビティーはこの都市を中心に行われています。100年以上残ると時計台や英国の植民地時代に建てられたコロニアル建築、フォートにある旧国会議事堂、仏教寺院やヒンズー寺院などが見どころです。

Fort ―フォート―

かつてポルトガルとオランダによる植民地支配の時代には要塞として機能したこの場所は、現在はスリランカの商業的な中心地として、また政府のオフィス、大型ホテル、土産屋、航空会社、銀行、旅行会社やレストランの集まる場所となっています。フォートの中の見どころは歩いて巡ることができます。かつては国会議事堂として機能していた大統領事務所、19世紀半ばに兵舎として建てられたグランド・オリエンタル・ホテル、時計台などのコロニアル建築も立ち並びます。灯台としてかつて建てられた時計台が、フォートのランドマークになっています。またフォートには入場制限がありますが活気づいた港湾や、海からスリランカを訪れる方々を迎える、大きな白い仏塔(仏教寺院)も見どころです。

National Museum ―国立博物館―

スリランカの国立博物館は、1877年イギリス人総督ウィリアム・グレゴリーの時代に建てられました。古代王朝の装飾品や、シンハラ王朝の彫刻、アンティークの家具や食器、太古の書籍などのコレクションが置かれています。スリランカを描いた19世紀の英国絵画の複製やアンティークの仮面のコレクションも見どころです。

Gangaramaya ―ガンガーラマヤ寺院―

コロンボのほとんどの仏教寺院は19世紀後半の仏教復興運動の時代にまでさかのぼり、仏陀の訪問により神聖化されています。ベイラ湖の近くに位置するガンガーラマヤ寺院は、コロンボ市内に残る美しい仏教寺院の一つです。


New Kathiresan Kovil ―ニュー・カティレサン寺院―

スリランカのヒンズー寺院はコービルとして知られています。ペターのゴールドスミス・ストリートに位置するニュー・カティレサン寺院とオールド・カティレサン寺院には、双方共にスカンダ神が奉られています。ここは、年に一度のヒンズー教の祭り、ウェール祭りのスタートポイントとしても知られ、バンバラピティヤのゴールロードに位置するヒンズー寺院まで神輿が運ばれます。

The Sri Kailawasanathar Swami Devasthanam 

―スリ・カイラワサナタ・スワーミ・デヴァステターナム―

スリ・カイラワサナタ・スワーミ・デヴァステターナム寺院は、コロンボで最も古いヒンズー寺院と言われており、シバ神とガネーシャ神が奉られています。ヒンズー寺院はスリランカではコービルとして知られ、大きな装飾された寺院が目印です。

St. Lucia's Cathedral ―セント・ルシア大聖堂―

コタヘーナにあるセント・ルシア大聖堂はコロンボで唯一のカトリック教会で、スリランカのローマカトリック教の拠点となっています。

The Walfendhal Church ―ウォルヘンダール教会―

ウォルヘンダール協会はオランダによる植民地時代1757年に建てられました。コロンボ市内に残る数少ないオランダ建築の一つです。

Jami-Ul-Akfar Mosque ―ジャーミウルアクファーモスク―

コロンボのペラーでは1909年に装飾されたジャーミウルアクファ―モスクを目にすることができます。赤と白のキャンディーストライプ模様のレンガ建築です。

Kelaniya Raja Maha Viharaya ―ケラニヤ寺院―

コロンボのほとんどの仏教寺院は19世紀後半の仏教復興運動の時代にまでさかのぼり、仏陀の訪問により神聖化されています。最も重要な仏教の聖地はケラニヤ寺院で、コロンボの北東たった11kmの所にあります。ケラニヤ寺院は特徴的な壁画でも有名で、多くの観光ガイドにそのイメージが利用されています。


Dehiwala Zoo ―デヒワラ動物園―

フォートから南10kmの場所にあります。最大の見どころは16時半から始まるエレファント・ショー。つま先から尻尾まで着飾った象がステージに立ち、機敏に巧みなパフォーマンスを行います。動物園は、鳥類や魚類などその他の生物も幅広くコレクションしています。

Wadduwa ―ワッドゥワ―


ワッドゥワは、コロンボの南35kmに位置し、車で1時間程で訪れることができる小さな漁村です。ワッドゥワは、ヤシの木から取れるアルコール、トディーで有名です。樹液を採取する人が、ヤシの木から木へと綱渡りをする姿を目にする事ができます。また、ワッドゥワはココナッツの外皮のコイアを使ったラグや箒、カーペットなどの繊維製品でも有名です。近くには、美しい仏塔や菩提樹などで有名なカルタラという街があります。街を抜けるカル川は、ウォータースポーツや、リバーサファリに丁度良い場所です。ワッドゥワにも美しい仏教寺院があります。

スリランカ現地旅行会社/ランドオペレーター Yathra Travels (Pvt.) Ltd. ―ヤートラ・トラベルズ―
(SLITO正会員/JATA在外賛助会員/OTOA在外賛助会員)

【コロンボ本社】No. 561/1, 02nd Floor, Madiwela Road,
Thalawathugoda, Sri Lanka
Tel: +94 11 4378598 / Fax: +94 11 2773501
Web: www.yathra.lk
【日本駐在員事務所】東京都港区浜松町1-12-5 αHビル5F
Tel: 03 6430 6255 / Fax: 03 6740 2073
Web: http://www.yathrajapan.com