スリランカ人建築家ジェフリー・バワ

おすすめバワアーユルヴェーダ団体旅行向け利用ホテル一覧
建築家ジェフリー・バワ

スリランカ出身の建築家ジェフリー・バワ(1919-2003)は、20世紀の建築界において、アジア人建築家の中でも最も影響力のある人物の一人です。特に、トロピカル・モダニズムと呼ばれる、熱帯地域特有の伝統的な設計と近代的なデザインを混ぜ合わせた建築様式の旗手とされ、アマンリゾートのホテルデザインを手掛けるオーストラリア人建築家ケリー・ヒルをはじめ、アジアで活躍する多くの建築家に今も影響を及ぼしています。
[写真 (c) The Geoffrey Bawa Trust / Dominic Sansoni]

ジェフリー・バワ略歴

1919年7月23日コロンボ生まれ。イギリス人とムスリムの間に生まれたバーガー(混血)の法律家の父親とドイツ、スコットランド、シンハラ人の血を引くバーガーの母親を持つエリート一家の次男。

幼少期から旅好きの母親に連れられヨーロッパや中国他アジア諸国を旅する。父親と同じ法律家を志し、1938年19歳で英国のケンブリッジ大学に留学。1946年1月、27歳でコロンボに戻り法律家として働くものの、11月セイロンに愛想を尽かし、ペナン、インドネシア、フィリピンを経由して米国、ヨーロッパを周遊。

1948年にイタリアに気に入ったヴィラを見つけ身を落ち着けようとするも、資金面を考慮してコロンボに戻る事を決意。帰国後、イタリア風の庭園に英国風のカントリーハウスを建てようと、水辺の土地を探し始め、南西海岸に位置するベントータの土地(ルヌガンガ)を購入する。

ルヌガンガに自分が思い描いた庭園と家を建てるため、また他の人々のために家や庭園をデザインする夢を描き建築家になることを志す。

コロンボの都市計画に関わっていた英国の建築家Herbert Henry Reidのアシスタントを経て、1952年秋にケンブリッジへ戻り家庭教師を付けて土木工学と構造設計を学び、1954年5年生のロンドンの建築学校Architectural Association Schoolの3年次へ編入。1957年、38歳で建築家としての資格を得る。

泊まって楽しむバワ建築一覧

ジェットウィングラグーン(1965年)
www.jetwinghotels.com/jetwinglagoon/
旧ブルーラグーンホテル。当時セイロンと呼ばれていたスリランカで、ツーリスト向けに伝統的なレストハウスをイメージして建てられました。設備が小さすぎたことから経営はうまく行かずすぐに閉鎖されますが、近年リノベーションされ5つ星ホテルとしてオープンしました。

ジェットウィングビーチ(1984年)
www.jetwinghotels.com/jetwingbeach/
旧ザ・ビーチ/ロイヤルオーシャニックホテル


ジェットウィングブルー(1984年)
www.jetwinghotels.com/jetwingblue/
旧ブル―オーシャニックホテル


ブルーウォーター(1996年)
www.bluewatersrilanka.com
1996年


アヴァニカルタラ(1996年)
hwww.minorhotels.com/en/avani/kalutara
旧カニランカ/シンバッドホテル
客室はスイス人家具メーカーのリコ・タラヴェッラによるデザインですが、バワはメインレセプションエリアのデザインを任されました。1996年1月にコロンボで大規模なテロ事件が発生したことから、海外からの観光客を望めず70%建設が進んでいながら未完のホテルとして長らく放置されていました。

アナンタラカルタラ(1995年未完)
kalutara.anantara.com
旧シンバッドガーデンホテル
シンバッドホテルのレセプションエリアのデザインと合わせて、バワは南に新しく建築予定のホテル建設も任されます。シンバッドホテルと同様にこちらも未完のまま放置されますが、2016年に新たにオープンしました。バワの息吹をそのままに、彼と共に活躍したアーティスト、エナ・デ・シルバやバーバラ・サンソニのアートワークが散りばめられています。

ベントータビーチホテル(1967年)※現在改装中
www.cinnamonhotels.com/bentotabeachbycinnamon/
ベントータビーチリゾートは1965年から政府により進められたスリランカで最初の観光開発プロジェクト。バワの旧友であるJ.R.ジャヤワルダナが当時観光省の大臣を務めたことからプロジェクトを任されました。バワと親交のあったアーティストエナ・デ・シルバのバティックが美しいレセプションが印象的です。

アバニベントータ(1967年)
www.minorhotels.com/en/avani/bentota/
旧セレンディブホテル。ベントータビーチリゾート開発の一環で、ベントータビーチホテルよりもバジェット旅行者向けにデザインされたホテルです。現在はデラックスホテルとして運営されています。バワのホテルの中でも初期の作品の一つです。

ヘリタンスアーユルヴェーダマハゲダラ(1976年)
www.heritancehotels.com/ayurvedamahagedara/
旧ネプチューンホテル。バワと共に活動したスリランカ人アーティスト、ラキ・セナナヤキの彫刻や壁画が美しいアーティスティックなホテルです。現在はアーユルヴェーダ専門のリゾートになっています。

パラダイスロードヴィラベントータ(1978年)
www.paradiseroadhotels.com/villabentota/
旧ヴィラモホティ
1977年から1988年にかけてバワは一般家庭などの小規模プロジェクトに専念します。19世紀に建てられたエレガントなモホティ―ワラウワに目を付けたバワ。買い手が見つからなかったため自らこの家を購入し、ヴィラとした改装しました。

クラブヴィラ(1978年)
旧ハミードビーチヴィラ
www.clubvillabentota.com
セレンディブホテルの最初のマネージャーであったS.M.A.ハミードは、モホティ―ワラウワの購入をバワに打診されるも、その南の土地を購入し自らのホテルを建てようと、その建設をバワに依頼しました。

ルヌガンガ(1948-1998)
www.geoffreybawa.com/lunuganga-country-estate/introductionpage
1948年25エーカーにわたるこの土地を購入してから、亡くなる1998年まで、バワはここに自らの楽園を築こうと試みました。1時間余りの庭園ツアーも楽しめる他、全5部屋のみですがラグジュアリーホテルとして宿泊も可能になっています。

ヘリタンスアフンガッラ(1978年)
www.heritancehotels.com/ahungalla/
旧トライトンホテル
"全てが同一平面上にある。もし世界が平であったら、水平線の先にアフリカ大陸が見えるだろう。"1985年にバワが述べた通り、入口からインフィニティ―プール、そしてインド洋へと続くデザインが美しいホテルです。

ジェットウィングライトハウス(1995年)
www.jetwinghotels.com/jetwinglighthouse/
旧ライトハウスホテル
世界遺産ゴール要塞都市を望むホテル。バワの晩年の作品で、ゴールの歴史を示すように中東ムーアの宮殿、遠洋船、荘園主の館、コロニアルヴィラを思わせる土地に根差したデザイン。エントランスの階段に築かれたラキ・セナナヤキによる彫刻、植民者のオランダ人とシンハラ人による戦いを描いた「ランデニヤの戦い」も必見です。

レッドクリフ(1997年)
www.redcliffsvilla.com
旧プラディープ・ジャヤワルダナハウス
ジャヤワルダナファミリーが所有していた赤土の崖、レッドクリフの上に位置したココナッツ農園のバンガロー。J.R.ジャヤワルダナの孫プラディープよりバワは改築を依頼されます。壁もない、ドアもない、窓もない、そしてシャッターもないシンプルなデザイン。全4部屋のスモールホテルになっています。

ラストハウス
www.thelasthouse.com
1997年
旧ジェイコブソンハウス

ヘリタンスカンダラマ
www.heritancehotels.com/kandalama/
1991年
旧カンダラマホテル

ナンバー11
www.geoffreybawa.com/number-11-colombo-residence/introduction
1960-1970年
バワの元邸宅は、邸宅ツアーが有名ですが、1日一組のみ朝食付きで宿泊も可能です。シャワールームなどは共用になりますが、お部屋はダブル1室シングル1室の2部屋。バワの元事務所を利用したザ・ギャラリーカフェも徒歩圏内ですので夕食にも困りません。

番外編

ディヤブブラ
www.diyabubula.com
ヘリタンスカンダラマの梟、ジェットウィングライトハウスのエントランス、ルヌガンガ庭園の壁画...バワの建築を飾る多くのアート作品を手掛けるスリランカ人芸術家ラキ・セナナヤケの邸宅であり楽園ディヤブブラが3部屋のみのスモールラグジュアリーロッジになりました。アート&クラフト、インテリア好きにはたまらないリゾートです。

※バワハウス87(1978年旧ドゥッチ―二ハウス)、クラフトンハウス(1985年クラフトンバンガロー)は一時ホテルとして運営されていましたが現在は個人所有のためオープンしておりません。

バワ所縁の人・場所・見どころ


ルヌガンガ庭園(ベントータ)
Lunuganga, Bentota
見学時間:9:30/11:30/14:00/15:30
ランチタイム:12:30-14:30
バワの築いた楽園とも呼ばれるルヌガンガ。バワは晩年までコロンボの邸宅とルヌガンガとを行き来し、1947年からバワが亡くなる1998年まで改築と実験的な試みを続けました。1時間半程度の庭園ツアーにご参加可能です。


No.11/ナンバーイレブン
No.11, 33rd Lane, Off Bagatelle Road, Colombo 3
見学時間:10:00/14:00/15:30
日曜は10:00のみ、祝日休業
バワの元邸宅は、事前に予約をすれば1時間ほどの見学ツアーに参加することができます。バワトラストのスタッフが同行し、バワの生涯や建築について学ぶことができます。施設内ではバワに関する書籍などの販売もされています。

ベービス・バワのブリーフガーデン
Brief Garden, Kalawila Village, Beruwala
見学時間:08:00~17:00
バワの兄で著名な芸術家であるベービス・バワの手掛けた庭園。彼は、景観設計家、ランドスケープアーティストとしてはスリランカで最も知られた人物です。緑あふれる美しい庭園をのんびり散策するのも、スリランカの楽しみ方の一つです。

ザ・ギャラリーカフェ
2, Alfred House Road, Colombo 3
営業:10:00~22:30
バワの元オフィスを改装したレストランカフェ。西洋料理中心ですが、スパイスやスリランカのフルーツなどを面白く用いておりここでしか味わえないお料理ばかり。夕方18:00以降はファインダイニングといった趣です。


シーママラカヤ寺院
61, Sri Jinarathana Road, Colombo2
コロンボ市内のベイラ湖に浮かぶ仏教寺院。キャンディー王朝時代のスリランカの伝統的建築デザインを用いた作りで、リラックスできる場所になっています。
国会議事堂
Parliament, Sri Jayawardanapura Kotte
見学時間:09:30~15:30(要事前予約)
※国会開会日は09:30~終会まで
1977年大統領に付いたJ.R.ジャヤワルダナの命を受け建築された新たな国会議事堂。バワはジャヤワルダナとも交流がありました。。湖に浮いたように見えるデザインで、外からもきれいに見ることができます。事前に連絡をすれば内部見学も。

エナ・デ・シルバのマータレーヘリテージセンター
Matale Heritage Center, Alvihara, Matale
バワ所縁のアーティストでホテルの装飾品などの政策を長きに渡り手がけた、エナ・デ・シルバの工房。彼女がデザインしたバティックや布製品などを生産しています。10名以上の団体であれば、工房にてランチの手配も可能です。

バーバラ・サンソーニのベアフット
704. Galle Road, Colombo 3
営業:10:00~19:00 
バワの遠縁の従妹で友人、アーティストでもあるバーバラが設立したテキスタイルのお店。ビビッドな色の組み合わせに長け、バワのプロジェクトにファブリックを提供し、コーディネートも手掛けました。カフェとギャラリー、書店も併設。建築書、アート関連書籍多数でおすすめです。

ラキ・セナナヤケのディヤブブラ
Diyabubula Jugnle & Art Hideaway, Kalundewa Road, Dambulla
ヘリタンスカンダラマの梟、ジェットウィングライトハウスのエントランス、ルヌガンガ庭園の壁画...バワの建築を飾る多くのアート作品を手掛けるスリランカ人芸術家ラキの邸宅。現在はブティックホテルとして運営されているので、訪問されたい方は要確認。


ドナルド・フレンドのアートワーク
兄ベービス・バワの友人で、その後バワとも深い交流を持ったオーストラリア人アーティスト。バワと活躍したラキ・セナナヤケやイズメズ・ラヒームの師匠でもありました。No.11、ルヌガンガ、そしてブリーフガーデンには沢山の彼の芸術作品が残されています。
イズメズ・ラヒームのシナモン・ロッジ
Cinnamon Lodge, Habarana
ラキ・セナナヤキと同様バワと共に活動したアーティストであり建築家のイズメズ・ラヒーム。彼のアート作品もルヌガンガなどに残されていますが、ハバラナには彼の建築によるホテルもあります。


43グループ
http://www.artsrilanka.org/43group/body.html
スリランカのバーガー(混血)たちの間で育まれた芸術や建築のヒントになるのが1943年に結成された前衛芸術ムーブメントを起こした43グループです。バワは直接のメンバーではありませんが、他メンバーの作品からはバワとつながる同時代の思想が垣間見れます。

ライオネル・ウェントのシアター
18 Guildford Cres, Colombo 7
43グループの創始者の一人で、写真家であり批評家でもあったライオネル・ウェントのシアターです。彼の作品も館内にいくつか飾られている他、スリランカの現代アートの展示会なども行われています。



ジョージ・キーツのゴータミ寺院
Gothami Road, Colombo 8
キュービズムの影響を受けたスリランカの近代芸術の代表的な画家であるジョージ・キーツも43グループのメンバーでした。コロンボ郊外に位置する小さな寺院ゴータミ寺院の宝物庫の中には、素晴らしい壁画が残されています。
バワの建築は、アヌラーダプラに見る太古の遺跡、キャンディーに残るシンハラ王朝の伝統的な寺院建築、ベントータのムスリム商人たちが建てたモスク、ゴールやコロンボに今も佇むオランダそして英国の植民地時代に築かれたコロニアル建築など、スリランカの色鮮やかな歴史と文化のタペストリーを反映しています。スリランカの様々な文化に触れると、バワのホテルもより一層楽しめます。贅沢なホテルでのリラックスした時間と共に、世界遺産などの観光地訪問も合わせておすすめです。
バワ+現代芸術

ジェフリーバワは建築のみならず、建築を飾るインテリヤや芸術にもこだわり多くの芸術家と交流をもちました。現在コロンボではアートビエンナーレが開催されるなど、バワの建築と並びスリランカの現代芸術にも注目が集まっています。

お問合せ

ヤートラ・トラベルズ日本駐在員事務所
東京都港区浜松町1-12-5 αHビル5F
Tel: 03 6430 6255
Fax: 03 6740 2073
E-mail: japan@yathra.lk






スリランカ現地旅行会社/ランドオペレーター Yathra Travels (Pvt.) Ltd. ―ヤートラ・トラベルズ―
(SLITO正会員/JATA在外賛助会員/OTOA在外賛助会員)

【コロンボ本社】No. 561/1, 02nd Floor, Madiwela Road,
Thalawathugoda, Sri Lanka
Tel: +94 11 4378598 / Fax: +94 11 2773501
Web: www.yathra.lk
【日本駐在員事務所】東京都港区浜松町1-12-5 αHビル5F
Tel: 03 6430 6255 / Fax: 03 6740 2073
Web: http://www.yathrajapan.com