スリランカの見どころ

スリランカ
基本情報
日本からのアクセス
旅行シーズン(気候)
旅行シーズン(金額)
見どころ
北部州
東部州
北中部州
中部州
ウバ州
サバラガムワ州
西部州
南部州
食事
祝祭日と祭り
コロンボ情報


スリランカの見どころ


インドの南、インド洋に浮かぶ島スリランカ。かつてはセイロン島として知られ西洋と東洋を繋ぐ回路の真ん中に位置し、貿易の中心地として栄えた場所でもあります。良質のセイロンティーやシナモンといったスパイスの輸出国としても有名です。

「セイロン島は小宇宙のようだ、 あらゆる多様性すべてをここに凝縮している・・・」晩年をスリランカで過ごした小説家アーサー・C・クラークが残した言葉の通り、スリランカは北海道よりも一回り小さな島国ですが様々な見どころがあります。

シーギリヤロックをはじめとした数々の世界遺産。島の周りには美しいビーチが広がります。紅茶畑の広がる丘陵地帯には海抜2000m程の山々。熱帯雨林ではトレッキングやバードウォッチング、乾燥地帯の国立公園では野生の象やヒョウを見るジープサファリも楽しめます。

地域別見どころ紹介



北部州
ジャフナ
25年以上続いた内戦も終結を迎え、旅行者でも訪れる事ができるようになった北部州。特にジャフナはヒンズー教の聖地として知られるナルー・カンダスワーミ寺院を訪れたり、船で小さな島々を巡ったりと魅力的な場所です。ジャフナマンゴーや葡萄の生産でも有名です。マサラドーサなどのタミル料理も楽しめます。
東部州
トリンコマリー/ニラヴェリ/カルクッダとパッシクダ/バッティカロア/ラフガラ/アルガンベイ
白い砂浜の続く東部州は現在観光開発の真っ最中。ラグジュアリーなビーチリゾート開発が進みます。各地でダイビングが楽しめる他、アルガンベイはサーフィンの国際大会が開催される等マリンスポーツで有名です。ベストシーズンは5月〜10月。
北中部州
アヌラーダプラ(世界遺産)/ポロンナルワ(世界遺産)/シーギリヤ(世界遺産)/ダンブッラ(世界遺産
4つの世界遺産が残る乾燥地帯の北中部州。雨も少なく通年に渡り観光することができます。北中部集の中心地ハバラナ周辺を拠点に2日滞在すれば全ての世界遺産を見て回る事ができます。野生の象が棲息するミンネリヤ国立公園でのジープサファリもおすすめです。
中部州
キャンディ(世界遺産)/ペラデニヤ植物園/ガダラデニヤ寺院/ランカティラカ寺院/エンベッカ寺院/ナックルズ・レンジ自然保護区(世界遺産)/ヌワラエリヤ/ホートン・プレインズ国立公園(世界遺産
標高500メートル以上になる中部州は、シンハラ王朝最後の都として栄えたキャンディーの他、セイロンティーの生産で有名な紅茶畑の広がるヌワラエリヤなどが有名です。気温は15度〜20度で、スリランカでは避暑地として有名です。鉄道旅行もおすすめ。

ウバ州
マヒヤンガナ/ヤーラ東国立公園/ウダワラウェ国立公園
ウバ紅茶の生産地でもあるウバ州は紅茶畑の他、山々を走る小川や滝といった美しい景観やトレッキング地として知られヨーロッパからの旅行者に人気のあります。南部にはヤーラ東国立公園や、ウダワラウェ国立公園が広がりサファリも◎。マヒヤンガナはスリランカの先住民ベッダーの暮らす村々もあります。
サバラガムワ州
ラトゥナプラ/シンハラージャ森林保護区(世界遺産
宝石の生産で有名なラトゥナプラや、沢山の固有種が生息しバードウォッチングで有名なシンハラージャ森林保護区、キトゥルガラ森林保護区などがあります。トレッキングやホワイトウォーターラフティングなどのアクティビティーも楽しめます。大型ホテルが少ないのが難点ですが、ゲストハウスに泊まりながら自然を楽しみたいアクティブ派におすすめです。
西部州
ネゴンボ/ムトゥラジャウェラ/コロンボ/ワッドゥワ
国際線の到着するカトゥナーヤカ空港は西部州に位置するため、短い旅行でもアクセスのしやすいエリヤです。ネゴンボやワッドゥワ、マウントラヴィニアといったビーチリゾートの他、経済都市コロンボでのショッピングやカフェ巡りなど、リゾーターや都会派の方にぴったりのエリアです。コロンボにはギャラリーなども有り、アートやファッションが好きな方も楽しめます。
南部州
ヒッカドゥワ/ゴール(世界遺産)/マータラ/ヤーラ国立公園
良質のビーチリゾートが広がる南部州はリゾート滞在の他にも、アンバランゴダの仮面博物館、コッスゴダのウミガメ保護施設、ベントータでのジャングルクルーズ、ヤーラ国立公園でのサファリなどアトラクションの豊富な地域です。世界遺産に登録されるゴールには沢山のコロニアル建築が残り街歩きも楽しめます。

アトラクション別見どころ紹介



歴史と文化
優美に彫られたフリーズ、平穏な仏像、岩が覆いかぶさった素晴らしい装飾ののこる寺院、未だに世界中を唸らせる灌漑技巧。これらは2000年以上前から続くスリランカが誇る文明の遺産の一部です。過去の紛争、宗教的な出来事、海外からの侵略、その全てがスリランカの歴史を巡る旅路に色を加えています。"セレンディピティ"、幸運に巡り会う島。かつて「ライオンの子供たち」が君臨した母なる大地には、王たちが戦い、平和を築き、名声を上げた歴史的に重要な地がちりばめられています。宮殿、修道院、神殿、水庭や寺といったスリランカの古代文明、中世文明の遺跡は、王朝の繁盛と仏教の影響をそのまま証言しています。これらの過去の遺産はその卓越性から、うち6つがUNESCOの世界文化遺産に登録されています。ありがたいことに、その内5つは文化三角地帯と呼ばれる一カ所の地域に位置し、一度に巡る事ができます。

自然と野生動物
甘美の島スリランカは、世界に誇れる自然大国です。生物多様性と、鳥類の密集率では、他に比べられる国はありません。スリランカには、26種類のスリランカ固有種を含む435種類の留鳥が生息しています。渡り鳥はシベリヤや西ヨーロッパからも訪れます。貯水池は沢山の水鳥をよび、緑豊かな森はその他の鳥類を誘います。森や湖、ラグーンなど、スリランカの至る所で鳥を目にする事ができます。スリランカはまさに、鳥好きにとっての「楽園」です。

象が好きな方は、「ザ・ギャザリング」と呼ばれるミンネリヤ国立公園での季節移動は見逃せません。遠くはワスガムワ、トリンコマリーと呼ばれる地域から300頭以上の象たちが大移動を繰り広げます。ミンネリヤ湖の水が引いた後に現れる草地に引き寄せられ、乾燥期の6月から9月にかけて、この素晴らしい光景を目にすることができます。沢山の野生の象を間近に見る事ができるチャンスです。

現在確認されている8種のヒョウのうちの一つ、恥ずかしがしりやで一目を避けるスリランカヒョウも、この島でしか目にする事ができません。なかなか出会う事ができませんが、スリランカヒョウは、乾燥した低地や森林に囲まれた丘陵地帯に生息しています。ヤーラ国立公園は世界的にもヒョウの密集率が高く、スリランカの最高捕食者を目にし、写真に納めることのできる人気の観光地です。その他、スリランカの国立公園では、野生の水牛やナマケグマ、アクシスジカや小さく恥ずかしがりやなホエジカ、丘陵地帯に生息する大鹿、野生の猪、スリランカでしか見る事のできないカオムラサキラングールなどのほ乳類を目撃することができます。

スリランカは、赤道のすぐ近くに位置し、周りをインド洋の暖かい海水で囲まれ、100以上の豊富な川と滝に恵まれた美しい島です。カラフルな珊瑚礁も人々を魅了します。ヒッカドゥワは、海岸から数メートル先で珊瑚礁を見ることができるスリランカで最もおすすめの場所です。シュノーケリングやグラスボートに乗って珊瑚礁とその周りを泳ぐカラフルな魚たちを目にする事ができます。

また、スリランカには様々な種類の鯨やイルカが訪れます。世界で最大の海洋生物シロナガスクジラ、ニタリクジラ、マッコウクジラ、そしてザトウクジラはスリランカで目にすることのできる海洋生物のほんの一部です。

ビーチステイ
一年中、太陽の光が溢れるスリランカのビーチは、シュノーケリングやその他のウォータースポーツを楽しむのにぴったりの場所です。この島を囲む1000キロメートルにも及ぶヤシの木がそよぐ砂浜は、癒しとくつろぎの場所を与えてくれます。
ゴルフ
スリランカには、アジアで最も美しい18ホールのゴルフコースが3カ所あります。3つのゴルフコースは、コロンボ、ディガナ(キャンディ)、ヌワラエリヤに位置しています。コロンボは海抜0メートル、ディガナは海抜600メートル、ヌワラエリヤは海抜2,070メートルにあり、それぞれ違った地形と気候を有しています。1つの国で、3つの国でプレイするような楽しさを与えてくれます。
アーユルヴェーダ
世界で最も古い医療アプローチの一つ、アーユルヴェーダは5000年の伝統をもとにした太古の癒しの技術です。インドやスリランカでは広く大衆に根づいています。感覚器官を刺激する香り高いお風呂やマッサージなど、アーユルヴェーダは数千年にも及ぶ癒しの知恵と科学の融合により、健康的な体と適切なライフスタイルへと人々を導いてくれます。
アグロ・ツーリズム
普段の生活からの逃避行にスリランカはぴったりです!川での水浴び、土鍋で作るご飯、終わりなく続く果樹園と畑、鳥や虫の歌声に、夜空を飛び回るホタル。美しい農業大国の光景と音色、雰囲気をお楽しみいただけます。
ハネムーン
ハネムーンは癒しと楽しみ、そしてロマンスの一時。スリランカは、この一時にぴったりのロケーションを提供します。ビーチリゾートでのキャンドルディナーからサファリ。その後にモルディブへ行くのもおすすめです。
ホームステイ
ホームステイは、海外のお客様が地元のご家族と短期間過ごすことを指します。素晴らしい環境でバケーションを楽しむだけではなく、ローカルコミュニティーやホストファミリーのライフスタイルや文化に触れ、知識を得、それを実際に体験する機会を提供します。スリランカにはこのような経験を提供してくださるご家族が多くおり、スリランカのホスピタリティーを訪れる全ての方に提供してくださいます。
スリランカ現地旅行会社/ランドオペレーター

ヤートラ・トラベルズ
Yathra Travels (Pvt.) Ltd.

SLITO正会員/JATA在外賛助会員

【コロンボ本社】
No. 572/10, 02nd Floor, Madiwela Road,
Thalawathugoda, Sri Lanka
Tel: +94 11 4378598 / Fax: +94 11 2773501
Web: www.yathra.lk

【日本駐在員事務所】
〒105-0004 東京都港区新橋5-27-6 上村ビル201
株式会社アイデアツアーズ内
東京都知事登録旅行業第3種ー6402号
海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員306号
Tel: 03 6430 6255
Email: japan@yathra.lk
■会社案内
ヤートラ・トラベルズ
チーム
ブラックプールホテル
スカイロフト
仏教TVチャンネル

■スリランカ
スリランカの魅力
基本情報
歴史
日本との関係
年間行事
ペラヘラ祭り
アクセス



■ツアー
オーダーメイド
コロンボオプションツアー
旅程アイデア
こだわりの旅
お客様の声

■ホテル
おすすめ
- ウラガッラ・バイ・ウガ
- ヘリタンスカンダラマ
- セイロンティートレイルズ
- 98エーカーズ
- ザ・フォートレス
- ケープウェリガマ
バワ
アーユルヴェーダ
団体旅行向け
利用ホテル一覧

■観光情報
観光マップ
- 目安移動時間
- 各地のアトラクション
アトラクション
- 仏教聖地巡礼
- 瞑想・マインドフルネス
- アーユルヴェーダとは
- 世界遺産
- バワ建築
- 国立公園と野生動物
- ダイビング
- ホエールウォッチング
- サイクリング
- 熱気球
- ゴルフ
- フォトウェディング


- セイロンティー・紅茶
- ヴィレッジサファリ
- アラック酒造見学
- バードウォッチング
- 象の孤児院
- コロンボマラソン
都市別情報
- 文化三角地帯
- 丘陵地帯
- 東部
- 北部
- 南西海岸
ビーチ情報
コロンボ情報
ジャフナ観光案内
ロングステイ
リンク集
■国内移動
国内移動
鉄道
エアタクシー
国内線

■ランド手配
ランド手配

■お問い合わせ
お問い合わせ
お申込みにあたって
国際送金のご案内
■よくあるご質問
よくあるご質問
ベストシーズン(気候
ベストシーズン(金額)
スリランカの食事
ETA取得方法
両替について