スリランカ国立公園・動物| 野鳥観察| ホエールウォッチング  | ウミガメ 

国立公園と野生動物

National Parks and Wild Life

スリランカは北海道の0.8倍ほどの国土の8%が国立公園や自然保護区に指定されており、そのエリアは100か所以上に及びます。
中でも野生動物が多く、ジープサファリやトレッキングなどで楽しめる国立公園をご紹介します。
国立公園でのジープサファリは、早朝あるいは夕方に行われます。1日に2度訪問されたい場合は、お見積りの際にお申し付けください。ご興味のある国立公園などございましたら、オーダーメイドでツアーのアレンジを致しますのでお問い合わせください。

国立公園・動物マップ

①ウィルパットゥ国立公園(5月、10月を除く通年)
2009年まで続いた内戦中は渡航ができなかったスリランカ最大の国立公園。ヒョウの遭遇率は20%ですが、ナマケグマはヤーラより確率高し。他の国立公園とは違い森に囲まれてサファリの雰囲気は抜群。丸1日使ったサファリもおすすめです。キャンプエリアでは夜間スローロリスに出会えることも。

②バーリーフ海洋国立公園(11月~4月)
カルピティヤよりボートで20分、貴重なサンゴ礁が残ります。シュノーケリングで楽しめるエリア。カルピティヤは5月はカイトサーフィンのメッカになっています。

③コスゴダの海亀保護施設(通年)
通年に渡って海亀が産卵に訪れるコスゴダ。卵は保護施設で孵化し、3日後には海へと放流されます。夕方訪れると海亀の放流体験も。夜は運が良ければ産卵に出会えるかも。参考:http://www.htrcc.info/

④シンハラージャ自然保護区(通年、特に12月~4月がベスト)
世界遺産にも登録される熱帯雨林。目玉は何といっても色鮮やかな固有種の野鳥たち。ベストシーズンにかけては運が良ければ26種類全部が観測できることも。爬虫類好きにも◎。ヒルが沢山いるので対策をお忘れなく。

⑤ウダワラウェ国立公園(通年)
象好きなら絶対おすすめしたいのがウダワラウェ国立公園。ピンナワラの象の孤児院と違い、本当に野生に返すことを目的とした象の孤児院が併設されています。グランピングにも◎。
参考:http://www.eth.dwc.gov.lk

⑥ピジョンアイランド(5月~10月)
トリンコマリー近郊のビーチリゾート、ニラヴェリビーチよりボートで20分。サンゴ礁でできた島ピジョンアイランド。島の周りは浅いのでシュノーケリングでOK。近くにはダイビングスポットも。同シーズンにマッコウクジラをはじめとしたホエールウォッチングもおすすめ。

⑦ミンネリヤ/カウドゥッラ国立公園(通年、7月~10月はエレファントギャザリング)
人気観光地シ―ギリヤから車で1時間の好立地。なんといっても目玉は野生の象。その他クジャクなどの野鳥も◎。朝は鳥が中心、大物狙いは夕方に。

(番外編) ジェットウィングヴィルウヤナ
ホテル主催で夕方18:30からナチュラリストと行くスローロリスツアーが催行されています。世界で一番小さい猫サビイロネコ、漁をする珍しいスナドリネコにも運が良ければ出会えるとか!
参考:www.jetwinghotels.com/jetwingviluyana/

⑧ナックルズ国立公園
ホートンプレインズ国立公園(通年)
世界遺産にも登録さえるキャンディーから1時間のナックルズ、ヌワラエリヤから1時間のホートンプレインズ。高原地帯の珍しい植物と、固有種及び高原エリアの野鳥観察が目玉。ホートンプリエンズは日が昇ると霧が出始めるので、早朝に訪問を。

⑨ヤーラ国立公園(9月を除く通年)
ヒョウの密集率世界一ともいわれる国立公園。3日滞在すれば必ず出会えるといわれています。その他、象やクロコダイルなど大型動物も豊富。9月一杯、まれに10月半ばまで閉鎖されるので要注意。早朝と夕刻と2回にわけてのサファリが中心。

ミリッサのホエールウォッチング(11月~4月)
ミリッサから1時間強ボートで沖合に出ると、そこは地球上最大の哺乳類シロナガスクジラの通り道。運が良ければシャチの大群にも出会えるかも。船酔い注意。

⑪カンネリヤ・フォレスト(通年、特に12月~4月がベスト)
シンハラージャに次ぐ生物・植物の宝庫である熱帯雨林。ゴールから車で約1時間半、南部の町ハンバントータからは車で約40分の距離にあります。トレイルは4種類あり、スリランカ固有種の鳥類や植物等も多くご覧頂けます。

ベストシーズンは?

11月~4月 南西地域がベストシーズンの時期  ― シンハラージャ森林保護区野鳥観察、ヤーラ国立公園でのレオパードサファリ、ブンドゥラ国立公園での渡り鳥観察、ミリッサでのホエールウォッチングウダワラウェ国立公園の象の孤児院、ウダワラウェ国立公園でのサファリなど…その他、北東部だとウィルパットゥ国立公園(2月~4月)、ミンネリヤ(カウドゥッラ)国立公園など…

5月~10月 北東地域がベストシーズンの時期 ―  ウィルパットゥ国立公園でのサファリ、ミンネリヤ国立公園のエレファントギャザリング、トリンコマリーでのホエール・ドルフィンウォッチング、ピジョンアイランドでのシュノーケリングなど…その他南西部ではウダワラウェ国立公園、ブンドゥラ国立公園での渡り鳥観察、ヤーラ国立公園(9月、10月を除く)など…

よくある質問

5月のゴールデンウィークに野生動物鑑賞ツアーを考えています。南西部と北東部とどちらがおすすめですか。 
— 5月の初旬はちょうど季節の変わり目です。
ウィルパットゥ国立公園はオンシーズンですが、ミンネリヤ国立公園のエレファントギャザリングが丁度始まるか始まらないかのころ、トリンコマリーのホエールウォッチングが丁度オンシーズンが始めるか始まらないかのころ。
北東部か南西部かと言われれば確実に北東部のシーズンにはなりますが、8月と比べるとベストシーズンではないかなという時期です。
シーギリヤロックなどの観光も合わせてというようでしたら北東部を中心に回るのがおすすめです。

スリランカ北東部・トリンコマリービーチ